読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーディングマーク代表 飯田悠司ブログ

キャリアプラットフォーム「レクミー」を運営するリーディングマーク代表のブログ。人が出会いを通じて”ワクワク”しながらキャリア選択ができる世の中を創ります。キャリア論や経営論、組織論などを書き溜めていきます。

事業部制に移行しました 事業のすべてをメンバーに任せるということ

先日の全社ミーティングで、リーディングマークは「事業部制」に移行をすることを発表いたしました。事業部責任者(社内では「事業家(GM)」と呼んでいます)に、事業の「創って、作って、売る」という全プロセスと、最終成果たる事業部営業利益をお任せすることにしました。要は、事業の責任をすべて事業家にお任せし、事業家を中心としたメンバーの力で事業発展を目指すということです。ほとんどのベンチャー企業では、起業家が経営と事業の責任者として君臨し続けることが多く、社員40名程度の規模で、代表から事業を明確に切り離すのは、かなり思い切った決断だと思います。

 

大学生の時に学生起業して以来、事業のビジョンやビジネスモデル云々ではなく、ともかく生きるのに必死という状況が続きました。寝床は間借りしたオフィスの床でした。就活イベントのチラシを自分で作って大学の前で配ったり、毎日テレアポや飛び込み営業をしたり、ともかく泥臭く頑張り、何とか生き抜いてきました。

 

その時の癖が抜けきっていたなかったのでしょう。素晴らしい能力を持った中途社員や、高いポテンシャルを持つ新卒社員が入社してきてくれても、無意識のうちに、細かいことに口を出してしまっていたように思います。「もっと任せてほしい」と社員から言われることも、ままありました。それを受けて、昨年のはじめ(当時、正社員で15名くらい)に、企画・開発・運営・営業のそれぞれの部署において責任者を任命。会社の重要事項は彼らとディスカッションして決める、という体制に移行しました。

 

f:id:yujiiida:20160915184243j:plain

6月に開催した部署責任者による経営合宿の様子。右後の岡内が新卒事業の事業家に、左前の櫻木が中途事業の事業家に着任します。

 

メンバーにより仕事を任せ始めることで、様々な変化が社内で生まれはじめました。企画やプロダクトは私の知らない内にブラッシュアップされ、営業企画や営業管理のレベルは上がり、運営は効率化が加速、開発チームのクオリティやスピードは大きく向上しました。彼らの方がそれぞれの分野での能力に優れているわけですから、そうなることは、当たり前だったのです。

 

そのような状況を見る中で、自分が事業を見なくなることの不安感や寂しさよりも(やってたことをやらなくなる、ということは寂しさを伴います笑)、みんなの力で事業を加速させていったほうが良いという気持ちが日増しに大きくなりました。 

 

 

 

思い返してみると、私が仲間と学生起業した時の社名は「ist」という社名でした。英語で、自分自身の主義や能力を持った方を“x-ist”といいますが(Scientistとか)、そこから社名をとっています。当時は、会社に“x-ist”を名乗れるような主義や能力を持ったメンバーを集め、彼らが自分の力を最大限に発揮できるチャンスを提供し、各々が「自己実現」できる環境を提供することを掲げていました。しかし、生きるために必死に小銭稼ぎをする期間が長く続き、メンバーにチャレンジの機会を提供できず、そんな理想はいつしか忘れ去られていました。そして、最終的には、創業メンバーも退職することになってしまいました。

 

今は、社名が変わり、ミッションの文言もアップデートしました(※ 会社のミッションはこちら)。でも、メンバーに自分の力を最大限発揮する環境を提供し、「自己実現」してほしいという想いは変わっていません。今回の意思決定で、ようやく創業時の想いを達成しうる組織体制を実現できたと思います。

 

 

 

新卒事業を任せる岡内は、「人を熱くすることで事業を強くする」ことを掲げ、最も課題の大きかった運営チームの組織と成果を劇的に改善しました。また、新規事業である中途事業を任せる櫻木は、入社前から社内メンバーと打合せを重ね、事業の最速での立上げを実現しました。彼らを中心としたメンバーの力で、レクミーは社会の方々の「自己実現」をより力強く支援できるサービスに進化するでしょうし、それが事業家やメンバーの「自己実現」にもつながると信じています。

 

もう、明確に事業の責任は私の下を離れました。私は、未来の仲間や資金などのリソースを獲得することと、次の事業の仕込みをすることに集中することで、リーディングマークの進化をますます加速させていきたいと思います。

 

リーディングマークは、事業家を中心にミッションの実現と収益確保を目指す、いわば「社会変革事業家集団」へと進化します。今のメンバーからも、近い将来次の「事業家」が生まれてくるはずで、今から非常に楽しみです。

事業を創り社会を変えていきたい、と思う「事業家」な方々は、是非リーディングマークに遊びに来てください。皆さんに面白いと思っていただける環境をご用意して、お待ちしております。

 

事業部制にして、会社がどう変わったかという点については、また記事にまとめて発信していこうと思います。なお、当社の事業部制に関してまとめた資料を、以下のSlideshareで公開しております。

www.slideshare.net