読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーディングマーク代表 飯田悠司ブログ

キャリアプラットフォーム「レクミー」を運営するリーディングマーク代表のブログ。人が出会いを通じて”ワクワク”しながらキャリア選択ができる世の中を創ります。キャリア論や経営論、組織論などを書き溜めていきます。

ワクワクするキャリア選びは「出会い」から 〜 私たちがレクミーを創った理由

こんにちは、リーディングマーク代表の飯田です。「学生が社会人と出会い、未来の自分にワクワクできる」というコンセプトでキャリアプラットフォーム「レクミー」を運営しています。

今回の記事では、「はじめまして」の方へのご挨拶の意味も込めて、私たちがなぜレクミーをやっているのか、レクミーを通じて世の中をどう変えていきたいのか、についてまとめてみました。

 

f:id:yujiiida:20160522173523p:plain

 
多くの人は仕事にやりがいを感じていないという現実
 
突然なのですが、仕事にやりがいを感じている日本人の割合はどれ位いると思いますか。
 

答えは18.5%です。これは、私が勝手に言っているのではなく、『国民選好度調査』(2008年)という内閣府が出している調査に明記されている数字です(蛇足ですが、2008年は大学3年生だった私が、リーディングマークを創業した年です)。衝撃を受けますよね…。起きている時間の内、60%位を仕事に費やしているにも関わらず、それにやりがいを感じる人が少ない…。そのような仕事に投下している時間は、言い方を選ばず言えば、無駄です。どうせ働くのであれば、やりがいを感じながら、ワクワクとしながら働きたいですよね。

勿論、入社して、自分の能力や仕事内容など、様々の条件が変化し、段々とその仕事が自分に合わなくなってしまい、仕事にやりがいを感じられなくなってしまった人もいると思います。ただ、この「18.5%」という異様に低い数字は、少なくはない数の方々が、キャリア選択に失敗していることを示唆しています。

 

 

なぜ、キャリア選択は上手く行かないのか

では、なぜキャリア選択が上手く行かないのでしょうか。私は、その主要な要因の一つが、キャリア選択を支える「採用媒体(XXナビ)」の仕組みにあると考えています。こちらの記事を見てみてください。 

 

毎日新聞 経済プレミア 「就活解禁 緊張の初日はプレエントリー50社」

http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160121/biz/00m/010/007000c

 

この記事に掲載されているのが、標準的な就職活動のあり方です。学生は、採用媒体を見ても、どんな仕事があるのか、どんな人と働けるのかはよく分からない。よくわからないので、名前を聞いたことがある会社に片っ端からどんどんエントリーをしよう、となってしまうわけです。ただ、言うまでもなく聞いたことがある会社が自分の働くべき会社とは限りません。

 

現在の就職活動では、一人ひとりが本当に合った会社を見つけるための仕組みが、十分に整備された状況であるとは言えません。

 

 

 

望ましいキャリア選択のあり方とは

では、どのような仕組みがあれば、一人ひとりが望ましいキャリア選択ができるのか、考えてみましょう。私はそのためのヒントは以下の学生アンケートにあると思います。

 

Q. 企業を選択する際に以下の側面の重要度を教えて下さい

A.人と文化 (職場の環境と雰囲気)

B.企業の評判とイメージ (企業の特徴)

C.仕事の特性 (仕事の内容と職責、仕事を通じて得られる“学びの機会”)

D.報酬と昇進の機会 (現在と将来における金銭的な補償と福利厚生)

E.該当なし

 

*株式会社リーディングマーク「2016年大規模学生調査」より 調査対象者:日本全国の上位大学(東北大学筑波大学東京大学慶応義塾大学、早稲田大学名古屋大学名古屋工業大学京都大学大阪大学関西学院大学関西大学立教大学同志社大学の各大学に在籍している2017年卒予定の就職活動生)、回答数:3,550名

 

なんと、このアンケートで「人と文化」が大事だと答えた学生の割合は58.4%にも上るのです。今の多くの学生にとっては、もはや会社のブランドよりも、給与よりも、仕事の内容よりも、一緒に働く「人」が大事なのです。

でも、社会人との”コネ”の多い一部の学生を除けば、学生の内に働く「人」と出会い、話を聞く機会は提供されていません。「XXナビ」でも、会社説明を読んだり、説明会に申し込んだりすることはできますが、会いたい「人」を探すことはできないのです。

 

 

学生に社会人との出会いを通じてキャリアにワクワクしてほしい

だから私たちは、学生が会いたいと思う社会人に出会える場所を創ることにしました。学生が、社会人の姿を見て、出会い、ワクワクする。そして、それを通じて、「未来の自分」をイメージし、納得してキャリアを選択する。そんなキャリア選択が当たり前になれば、もっと楽しく、もっと前向きにキャリアを選択できる学生が増えるはずです。そう思いませんか?

今、レクミーに掲載されている社会人の姿は数百名ほどですが、これを早期に1万人に増やしていきたいと考えています。また、一人ひとりの姿がより学生に対して伝わるように、掲載する情報の量や質も向上させていきたいと考えています。

 

 

リーディングマークは単なる人材会社を目指していない

リーディングマークは、単なる採用媒体を運営する人材会社を目指していません。人と人の出会いを通じたワクワクを創出する「感動創造企業」であり、新しいキャリア選択の仕組みを創る「産業構造の変革者」でありたいと思っています。その志を実現するために、全力で駆け抜けたいと思います。

 

 

これまでは、あまり情報発信をしてきませんでしたが、私たちの想いやサービスのことについて、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思い、ブログをはじめました。また、私の考えるキャリア論や経営論、組織論についても書き溜めていこうと思います。学生時代に何も無い中から起業し、もがきながら事業を発展させ、今も現在進行形でチャレンジをしているので、既に超大企業を創り上げた先輩とは異なるリアルな視点から、今すぐ皆さんに役立てていただける情報も発信できると思います。

よろしくお願いします!